持続時間の長さ | 驚異の持続時間で服用しやすいシアリス/副作用には気をつけよう

驚異の持続時間で服用しやすいシアリス/副作用には気をつけよう

持続時間の長さ

お医者さん

シアリスがPDE5の過剰なはたらきを抑制することで、EDによって満足に勃起させられなくなっていた男性でも勃起できる状態に戻ることができます。
あとは今までと同じように性的刺激を受ければ、たくましく勃起させることができます。
ただ、PDE5のはたらきを抑制するという効果に関しては、バイアグラやレビトラでも同じ効果を持っています。
これはED治療薬として基本的な効果となっているため、3大ED治療薬のどれを服用しても変わらず得られるはたらきです。
では、バイアグラやレビトラと比べ、シアリスは何が違うのでしょうか。

シアリス最大の特徴となっているのが「持続時間の長さ」です。
バイアグラやレビトラは、平均すると効き目の持続時間は5~6時間とされています。
この時間を過ぎてしまうと再びスムーズに勃起できなくなってしまうため、途中で効き目が切れないようにエッチをするタイミングに合わせた服用が必要になってきます。
しかし、シアリスの持続時間はレベルが違い、24~36時間と驚異的な持続時間を誇ります。
少なくとも1日は効き目が続くため、朝起きてから服用したとしても、その日の夜にしっかり勃起させることができるのです。
食事の影響も受けにくいことから、シアリスを服用したからといって食事に厳格な制限をかける必要もありません。
こうした特徴から、扱いやすいED治療薬として多くの男性に支持されているのです。

ページのトップへ戻る