危険な副作用に注意 | 驚異の持続時間で服用しやすいシアリス/副作用には気をつけよう

驚異の持続時間で服用しやすいシアリス/副作用には気をつけよう

危険な副作用に注意

病院

シアリスはバイアグラやレビトラに比べ、圧倒的な持続時間を誇ります。
本来なら即効性や持続時間から、エッチをするタイミングに効果を発揮させるために服用するタイミングを考えなくてはいけないのですが、シアリスの場合は持続時間が長いので細かくタイミングを図る必要がありません。
初めてED治療薬を服用するという人であっても、簡単に使用できるでしょう。

シアリスはEDに悩む男性にとってはかなりありがたい存在ではあるのですが、医薬品だということを忘れてはいけません。
どんな医薬品であっても、病気・症状を治療するために特殊な成分が含まれています。
それによってプラスの効果だけではなく、マイナスの効果が同時に出てしまう危険がどうしてもあります。
これがいわゆる副作用と呼ばれるものです。
シアリスを服用した場合も副作用が出る可能性はあるので注意しましょう。

シアリスの副作用としてよく報告されるのが、顔のほてりや頭痛です。
ED治療薬は血行促進によってEDを改善する医薬品ですので、血流が活発になればどうしてもこういった副作用が出てしまう場合があるのです。
ただ、これらの副作用は軽度なことが多いため、そこまで心配する必要はないでしょう。
むしろしっかり効いていることを実感できると、プラスに考えましょう。
しかし、中には危険な副作用が発症するケースもあります。
例えば、性的興奮が鎮まっているにも関わらず勃起状態が続き、なおかつ痛みを伴う場合。
この状態で放置していると、ペニスが損傷してしまうほか、勃起機能の低下もしくは停止が起きる危険があるのです。
もしすぐ治らない症状があるという場合は迅速に医師に相談しましょう。

ページのトップへ戻る