勃起とEDのメカニズム | 驚異の持続時間で服用しやすいシアリス/副作用には気をつけよう

驚異の持続時間で服用しやすいシアリス/副作用には気をつけよう

勃起とEDのメカニズム

悩みがある

シアリスは、バイアグラ・レビトラに次いで3番目に認可されたED治療薬です。
日本のイーライリリー社が販売するED治療薬となっており、日本はもちろん、海外でも高い人気を獲得しています。

シアリスはタダラフィルという成分を主成分として含んでおり、PDE5阻害剤の一種となっています。
男性が性的刺激を受けると、脳の中枢神経系が刺激され、全身の血液が活発に流れます。
それによってペニス内部の海綿体にも充分な血液が流れ、海綿体が大きく膨張。
これがペニスの増大や硬化を引き起こし、勃起という現象を起こすのです。
しかし、性的興奮が鎮まってもなお血液が活発なままだと男性は勃起を解除することができなくなってしまい、外を出歩くだけで周囲から注目の的になってしまいます。
そこで、PDE5という物質が血液の流れを抑制し、ペニスを通常時の大きさに戻すのです。
本来ならPDE5は欠かせないものなのですが、これがふだんから過剰に生成されてしまうと、たとえ性的刺激を受けてもうまく血液が流れなくなってしまい、勃起できない状態になってしまいます。
これが多くの男性を悩ませているED(勃起不全)です。

シアリスはこのPDE5を抑制し、再びペニスにも充分な血液が流れる状態にしてくれる医薬品です。
ここで勘違いしてはいけないのが、あくまでも勃起できる状態に戻すだけであって、シアリスを飲んだからといって強制的に勃起させる薬ではないということです。
ED治療薬に対してこういった誤認をしている人も多いので、勘違いしていた方はこれを機に覚えておきましょう。

ページのトップへ戻る